2016.04.24

リーガ優勝を争うアトレティコ、監督に残り3戦ベンチ入り禁止処分か

シメオネ
23日のマラガ戦で退席処分を受け、スタンドから試合を観戦するアトレティコ・マドリードのシメオネ監督 [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 アトレティコ・マドリードを率いるディエゴ・シメオネ監督が、今シーズンのリーガ・エスパニョーラの残り全試合でベンチ入りできない可能性が浮上した。23日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じている。

 アトレティコ・マドリードは23日に行われたリーガ・エスパニョーラ第35節でマラガと対戦。前半アディショナルタイムに、カウンターを仕掛ける相手選手に向かって同クラブのベンチからボールが投げ入れられる事件が発生していた。誰がこの行為に及んだのかはっきりしていなかったが、チームの責任者としてシメオネ監督が退席処分を受けていた。

 さらに同メディアによると、シメオネ監督がこの件により、今シーズンのリーグ戦残り3試合においてベンチ入りを禁止される可能性があるという。

 同監督は「あれは私たちの横にいたボールボーイがやったことだが、それは問題ではない。ルール上、レフリーが正しい判断をしたのは明白だ」と自身に退席を命じた主審へ理解を示している。

 なお、アトレティコ・マドリードはこの試合に1-0で勝利。優勝を争う首位バルセロナと同じ勝ち点「82」で並んでいるものの、直接対決で2敗を喫しているため2位に位置している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
34pt
マンチェスター・U
26pt
チェルシー
25pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
29pt
シャルケ
23pt
ライプツィヒ
23pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
バレンシア
30pt
レアル・マドリード
24pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
35pt
インテル
33pt
ユヴェントス
31pt
欧州順位をもっと見る