2016.04.19

逆転優勝の気運高まるレアル…イスコ「諦めずに最後まで戦い続ける」

イスコ
ヘタフェ戦でゴールを決めたレアルMFイスコ [写真]=Getty Images
世界最高峰のスペインサッカーリーグ。17−18シーズンもレアル、バルサ、アトレティコによる3強+乾貴士が所属するエイバル戦を中心に毎節最大5試合を生中継!

 現地16日に行われたリーガ・エスパニョーラ第33節、レアル・マドリードはアウェーでのヘタフェとの自治州ダービーに5-1で快勝した。

 この試合、得点者が全員異なるという攻撃の多彩さを見せ付けたレアル・マドリード。前半40分にチームの2点目を挙げたスペイン代表MFイスコは、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝セカンドレグでヴォルフスブルクを大逆転で下してベスト4入りした直後の一戦をものにできたことに満足感を表した。

「ヴォルフスブルク戦で大逆転劇を演じた後の落とし穴も考えられる難しい試合だったが、チームは試合開始から全開でプレーできた。気が抜けてしてしまう恐れもあったけれども、そんな事は全く無かったね。前半で2点取れたことにより、余裕を持って試合を進めることができた。チームは今日のパフォーマンスに満足している」

 今節を終えて、首位バルセロナに2位アトレティコ・マドリードが勝ち点で並び、3位レアル・マドリードが1ポイント差で追うという大混戦となったタイトルレース。先に試合を行ったアトレティコ・マドリードおよびレアル・マドリードが揃って勝利を上げ、これを受けたバルセロナが敗れる形となったが、イスコはそのような結果に期待しながらも、自分たちの戦いに集中するとのコメントを残している。

「僕らには自力優勝の可能性はないけれども、勝利がバルセロナへのプレッシャーになってくれるといいね。とはいえ、僕らは自分たちのことしか考えていない。バルセロナの動向には関心がない。残された5試合に全力で勝ちに行くだけだ。僕らはレアル・マドリードだ。絶対に諦めずに最後まで戦い続ける」

 イスコは一方、ここに来てブラジル代表MFカゼミーロがレギュラーの座を奪い取ったことで、ますます厳しくなっている定位置争いについては、辛抱強くチャンスを待つとの姿勢を示している。

「チーム内でローテーションが行われるのは重要な事だ。シーズンは長丁場であり、シーズン終盤に全選手が良い状態でいる必要があるからだ。11人だけでタイトルは取れない。厳しい練習を重ね、監督の頭を悩ませることが、僕ら選手に課された役目だ」

 レアル・マドリードは次節、20日にビジャレアルをホームに迎える。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
90pt
マンチェスター・U
74pt
リヴァプール
71pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
シャルケ
56pt
ドルトムント
54pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
83pt
アトレティコ・マドリード
72pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
85pt
ナポリ
84pt
ローマ
67pt
欧州順位をもっと見る