2016.04.04

パリSG、ネイマールを最優先獲得候補に…約245億円の違約金支払いか

ネイマール
パリSGが狙っていると報じられたバルセロナFWネイマール [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 今シーズンのリーグ・アンで最速優勝を達成したパリ・サンジェルマンが、来シーズンのリーグ戦5連覇に備えて“大物獲り”に動き出す可能性が浮上した。フランス紙『レキップ』やスペイン紙『アス』は4日、パリSGがバルセロナに所属するブラジル代表FWネイマールの獲得を狙っていると報じた。

 パリSGは、リーグ戦で30得点を記録しているエースのスウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが今シーズン限りの退団を明言。そのため、若くして経験があり、将来のバロンドール候補でもあるネイマールを今夏の最優先ターゲットと認定したと報じられている。『レキップ』紙によると、パリSGがネイマールの父親と代理人と話を進めているという。

 また、『アス』紙によると、ネイマールの代理人を務めるワグネル・リベイロ氏が4日、『レキップ』紙に対して、「ネイマールはバルセロナとの契約が2018年まである。だが、パリのような都市に住むこと、そしてパリSGの様なクラブでプレーするのはどの選手にとっても夢である。つまり、パリSGがネイマールに興味を示すのならば、話し合いを行うだろうね」とコメント。

 バルセロナとの契約で設定されている契約解除の違約金1億9300万ユーロ(約244億8000万円)を支払えば、パリSG移籍もありえるという。リベイロ氏は「1億9300万ユーロの違約金を払えば(バルセロナとの)契約は解消される。パリSGにとって、それが乗り越えられない問題だとは思わないよ」と語った。

 パリSGは6日に行われるチャンピオンズリーグ準々決勝ファーストレグでマンチェスター・Cをホームに迎える。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る