2016.03.14

終盤の2分間にドラマが…レアル、格下に苦戦も土壇場の勝ち越し弾で3連勝

S・ラモス
ラス・パルマス戦で先制点を挙げたS・ラモス(右から2人目)[写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第29節が13日に行われ、ラス・パルマスとレアル・マドリードが対戦した。

 レアルは前節のセルタ戦で7-1の大勝を収めて3位をキープ。勝ち点12差で首位のバルセロナと、同4差で2位のアトレティコ・マドリードが今節すでに勝利したため、レアルは負けが許されない。先発メンバーにはクリスティアーノ・ロナウドやルカ・モドリッチらに加えて、ギャレス・ベイルが復帰を果たした。対して、15位のラス・パルマスは前節、格上の4位ビジャレアルを1-0で撃破。3連勝と好調の波に乗り、ホームで2試合連続の金星を狙う。

 試合が動いたのは24分、レアルが先制に成功した。左CKでイスコが中央にボールを送る。ニアサイドへ飛び出したセルヒオ・ラモスが頭でゴール右隅に流し込んだ。前半はレアルの1点リードで折り返す。

 後半に入って、なかなか攻勢に出られないレアルは60分にイスコを下げて、マテオ・コヴァチッチをピッチに送り出す。63分、ベイルがエリア手前中央で相手を2人かわし、右足を振り抜くが、シュートは枠を捉えられない。70分にもベイルがエリア手前中央から狙うが、ミドルシュートは枠の右に外れた。

 レアルは74分にピンチを迎える。GKケイロル・ナバスがアルバロ・アルベロアからのバックパスを手に取ったとの判定で、エリア内右での間接FKを献上。だが、モモが放った強烈なシュートは壁に当たり、枠には飛ばなかった。

 87分、ラス・パルマスが土壇場で試合を振り出しに戻す。高い位置でボールを奪ったモモが、前線にスルーパス。エリア内右に抜け出したウィリアン・ジョゼが、飛び出したGKを前に落ち着いてループシュートを放ち、ゴールネットを揺らした。同点とされたレアルだが、最後の最後でドラマが待っていた。89分、左CKを得たレアルはヘセ・ロドリゲスからのボールを、ファーサイドのカゼミーロが頭で叩きつけてゴール。終了間際に勝ち越しに成功した。

 直後の90分にS・ラモスが2枚目のイエローカードを受けて退場となるが、試合はこのまま終了。レアルが苦しみながらも、2-1で3連勝を収めた。一方のラス・パルマスは土壇場で勝ち点を逃し、連勝も3でストップした。

 ラス・パルマスは次節、19日に敵地でレアル・ソシエダと対戦。レアル・マドリードは20日にセビージャをホームに迎える。

【スコア】
ラス・パルマス 1-2 レアル・マドリード

【得点者】
0-1 24分 セルヒオ・ラモス(レアル)
1-1 87分 ウィリアン・ジョゼ(ラス・パルマス)
1-2 89分 カゼミーロ(レアル)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ハダースフィールド
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
3pt
バイエルン
3pt
シャルケ
3pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
3pt
バルセロナ
3pt
レアル・ソシエダ
3pt
欧州順位をもっと見る
ミラン
3pt
インテル
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る