2016.03.13

3戦ぶり先発の乾は終盤まで出場…エイバル連敗止めるも下位相手にドロー

サッカー総合情報サイト

 リーガ・エスパニョーラ第29節が12日に行われ、ラージョ・バジェカーノとMF乾貴士が所属するエイバルが対戦した。乾は左サイドハーフで3試合ぶりの先発出場となった。

 8位のエイバルはホームで迎えた前節のバルセロナ戦で0-4の大敗を喫してしまった。これでリーグ戦4連敗となり、調子を落としつつある。今節は下位に沈むラージョ・バジェカーノ相手になんとか白星を挙げたいところだ。一方、残留を争うラージョ・バジェカーノにとっても負けられない試合が続く。

 試合は開始早々の7分に動く。ラージョ・バジェカーノが右CKを獲得すると、ロベルト・トラスオーラスのクロスをニアに飛び込んだゼ・カストロが頭で合わせて先制に成功した。エイバルは乾とアドリアン・ゴンサレスのポジションを入れ替え、乾は右サイドハーフに入った。直後の8分、今度はミクがエリア内に抜け出してGKと一対一となったが、ここはGKアシエル・リエスゴがなんとか防ぎきった。

 一方のエイバルもチャンスを作る。23分、左サイドのダビド・ジュンカがクロスを入れると、ゴンサロ・エスカランテがヘディングシュートを放ったが、ここは枠の上に外れてしまった。

 36分、左サイドのジュンカが高いボールでアーリークロスを入れると、ゴール前に飛び込んだエスカランテが頭で合わせてゴールイン。エイバルが同点に追いついた。このまま1-1でハーフタイムを迎える。

 ラージョ・バジェカーノは後半頭から2名を交代。ナチョとアラス・エズビリズを下げ、キニとアドリアン・エンバルバを投入した。

 後半開始早々の46分、エイバルが右サイドから攻め込むと、アンデル・カパのクロスからゴール前で混戦が生まれる。こぼれ球を拾った乾がハーフボレーで狙ったが、シュートは惜しくも枠の左へ外れてしまった。

 続く47分、ゴール前でロングボールを受けた乾が胸で落とすと、ボルハ・バストンが右足シュートを放ったが、ここは枠の右へ外れてしまった。

 ラージョ・バジェカーノはエイバルに攻め込まれる時間が増えたが、58分に決定機を迎える。エリア右横でスルーパスを受けたエンバルバが右足クロスを入れる。これをフリーのミクがボレーシュートで合わせたが、ボールは枠の左に外れてしまった。70分、ラージョ・バジェカーノは最後のカードを切る。ピティを下げてマヌーショを前線に入れ、勝ち越しゴールを狙う。

 エイバルは78分に決定機を迎える。乾を中心に右サイドから攻め込むと、最終ラインの裏に抜けだしたカパがゴール前でフリーになっていたB・バストンへ折り返したが、パスがずれてしまい、シュートまで持ち込むことができなかった。直後の79分、エイバルはエスカランテを下げてセルジ・エンリクを投入した。

 エイバルは逆転を目指して攻勢を強めていたが、85分にヨシップ・ラドシェヴィッチが2枚目のイエローカードを受けて退場。一人少ない中での戦いを強いられることとなった。直後の89分に乾を下げてイニゴ・バレネチェアを、90分にB・バストンを下げてヨン・アンソテギをピッチに送り込んだ。

 後半アディショナルタイム4分、ラージョ・バジェカーノが右CKのチャンスを得ると、クロスからディエゴ・ジョレンテがヘディングシュートを放ったが、ここはGKリエスゴの正面だった。

 このまま両チームともに勝ち越しゴールを奪うことはできず、試合は1-1のドローで終了のホイッスルを迎えた。エイバルは連敗を止めたものの、直近の10試合で2勝1分け7敗と厳しい状況が続いている。なお、乾は89分まで出場した。

 次節、ラージョ・バジェカーノはグラナダと、エイバルはヘタフェとそれぞれ敵地で対戦する。

【スコア】
ラージョ・バジェカーノ 1-1 エイバル

【得点者】
1-0 7分 ゼ・カストロ(ラージョ・バジェカーノ)
1-1 36分 ゴンサロ・エスカランテ(エイバル)

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
ワトフォード
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・ソシエダ
3pt
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る