2016.01.25

相手DFに蹴りを入れたC・ロナ、今季5度目の暴力行為…現地紙は処分要求

C・ロナウド
ベティス戦に出場したC・ロナウド [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 レアル・マドリードに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、今シーズン5度も暴力行為をしていることが明らかになった。25日付のスペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が報じている。

 24日に行われたリーガ・エスパニョーラ第21節ベティス戦の56分。相手陣内に攻め込み、走っている時に自分をマークするDFフランシスコ・モリネーロを押し、そして蹴りを入れた。2人はボールを競り合っていたわけではなく、ボールに全く関係ない場面だったので、審判はそのシーンを見ておらず、C・ロナウドにはカードも出なかった。

 蹴られたベティスのモリネーロは試合後に「クリスティアーノは足で蹴ってきて、きたなかった」と試合を中継したテレビのインタビューで明言。「僕も蹴飛ばしたりした。聖人ではないからね。だけど、僕が蹴飛ばす時はいつもボールがある、競り合っている時だ。僕らは何度か小競り合いがあったけど、それは全て、ピッチ内でのことだ。これに似たようなことが先週もあったよね」と続け、その他の場面でも小競り合いがあったことを認めた。

 同紙によると、C・ロナウドの暴力行為はこれで今シーズン5度目となる。第10節ラス・パルマス戦ではDFダビド・シモンに蹴りを入れ、第11節セビージャ戦ではポーランド代表DFグジェゴシ・クリホヴィアクにドリブルの競り合い中にひじ打ち。続く第12節バルセロナ戦でもブラジル代表DFダニエウ・アウヴェスにひじ打ちを喰らわせた。また、第20節スポルティング・ヒホン戦ではMFナチョ・カセスに蹴りを入れた。

 ベティス戦での蹴りを加えると、今シーズンだけで5回退場になってもおかしくない暴力行為をしているが、C・ロナウドは1度もレッドカードを提示されておらず、出場停止処分なども下されていない。バルセロナ寄りとして有名な同紙は、今こそC・ロナウドに何らかの処置を検討すべきだと訴えている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング