2015.11.29

【リーガ第13節プレビュー】乾が先発か…エイバル、“白い巨人”レアルを迎え撃つ

エイバルMF乾貴士(左)とレアルのC・ロナウド [写真]=Getty Images
サッカー総合情報サイト

 29日に行われるリーガ・エスパニョーラ第13節で、MF乾貴士の所属するエイバルとレアル・マドリードが対戦する。

 前節はホームでバルセロナに衝撃の黒星(0-4)を喫したレアル・マドリード。2連敗により通算7勝3分2敗となったチームは、首位バルセロナまで6ポイント差と遠のいたうえ、アトレティコ・マドリードにも2ポイント差を付けられ2位から3位に転落し、永遠のライバルならびに地元のライバルの後塵を拝することとなった。一方、すでに決勝トーナメント進出を決めているチャンピオンズリーグでは、アウェーでシャフタールに白星(4-3)を挙げ、通算4勝1分としてグループ首位通過を確定させた。連敗こそストップに成功したこの試合だが、4点のリードを奪っておきながら1点差まで詰め寄られるなど、不安を払拭するまでには至らなかった。

 これに対し、前節はアウェーでビジャレアルとドロー(1-1)を演じたエイバル。1ポイント差まで接近したライバルとの直接対決で勝利を逃したため5位浮上こそならなかったものの、通算5勝5分2敗として6位の座をキープした。

 シャフタール戦では大幅にスタメンを入れ替えたレアル・マドリードだが、今節はDFマルセロ、DFセルヒオ・ラモス、DFラファエル・ヴァランを故障で欠くうえMFイスコが出場停止となる。特に守備陣はメンバー的に厳しいだけに、優勝争いから脱落しないためにも正念場の一戦となる今節は、攻撃陣がチームを牽引する必要がある。

 一方、ここまでローテーションを殆ど行っていないエイバルだが、ホームに戻っての今節はMFケコが出場停止となるため、ここ3戦連続でベンチスタートの乾にはスタメンのチャンスが十分にありそうだ。レアル・マドリード相手に活躍を見せられれば最高のアピールとなるだけに、レギュラーの座を取り戻すためにも目に見える形で結果を残したいところだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る