2015.11.21

ベイル、バルサ撃破に自信「僕のスピードとパワーは相手にとって脅威」

ベイル
クラシコで先発出場が見込まれるベイル [写真]=Getty Images
世界最高峰のスペインサッカーリーグ。17−18シーズンもレアル、バルサ、アトレティコによる3強+乾貴士が所属するエイバル戦を中心に毎節最大5試合を生中継!

 レアル・マドリードのウェールズ代表MFギャレス・ベイルは19日、クラブの公式スポンサーである『Bwin』とのインタビューに応じ、いよいよ2日後に控えた宿敵バルセロナとの伝統の一戦“クラシコ”に向けた抱負を述べた。

 ベイルはまず、レアル・マドリードとバルセロナの直接対決がいかに特別な一戦であるかを説明した。

「レアル・マドリードとバルセロナはスペインの2大巨頭であり、長きに渡り国内外でタイトルを争ってきた。そのライバル関係は信じがたい程に熾烈であるゆえ、ピッチ上でのプレッシャーやスタジアムの熱狂は最高潮となる」

 近年は左足ふくらはぎの故障が常習化しており、今シーズンも9月と10月の2度に渡り戦列を離れているベイル。だが、今回の“クラシコ”には万全の状態で出場できることを強調した。

「僕は負傷により6週間に渡り戦列から離れ、思い描いていたようには試合に出られなかった。だが、コンディションは良くなったし、自分自身に力強さを感じているので、もう大丈夫だ。戦いに出向く準備は整っている」

 ベイルがこれまで最もインパクトを残した“クラシコ”と言えば、バルセロナのスペイン代表DFマルク・バルトラを置き去りにしてゴール決めた、2013-14シーズンのコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)決勝だろう。1年7カ月前の決勝弾を振り返ったベイルは、今回も自身の活躍によりバルセロナを撃破するとの自信を見せた。

「あのゴールは自分のキャリアで最も気に入っているうちの1つだ。今後もずっと僕の記憶に刻まれ続けることだろう。僕のスピードとパワーは相手守備陣にとって脅威となる。これは僕達にとって常にプラス材料だ。持てる最高の力を出して、チームに勝利をもたらしたい」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
レヴァークーゼン
31pt
ライプツィヒ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る