2015.11.08

【リーガ第11節プレビュー】決定力が際立つバルセロナ、ビジャレアルを迎えての上位対決

ネイマール,スアレス
バルサの攻撃陣を支えるスアレス(右)とネイマール(左) [写真]=Getty Images
世界最高峰の「スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ」を2018−19シーズンも毎節最大5試合生中継!

 バルセロナはこの1週間、リーガではアウェーでヘタフェを完封(2‐0)し、チャンピオンズリーグでもホームでBATEボリソフを零封(3‐0)した。この結果、通算8勝2敗としたリーガでは首位レアル・マドリードと同勝ち点の2位をキープし、通算3勝1分としたCLではグループ首位を守ると共に決勝トーナメント進出に王手を掛けた。

 対するビジャレアルはこの1週間、リーガではホームでセビージャと、ヨーロッパリーグではアウェーでディナモ・ミンスクとそれぞれ対戦し、いずれも同スコア(2‐1)で競り勝った。この結果、4試合振りの白星により通算6勝2分2敗としたリーガでは5位のままも4位アトレティコ・マドリードと勝ち点で並び、通算3勝1敗としたELではグループ2位をキープすると共に決勝トーナメント進出に王手を掛けた。

 バルセロナは、BATE戦ではMFアンドレス・イニエスタが故障から復帰後初めてスタメン入りしたもののMFイヴァン・ラキティッチが負傷するなど、中盤はメンバーがなかなか揃わないが、ヘタフェ戦ではMFセルジ・ロベルトが故障からの復帰戦ながらチームの全ゴールをアシストするなど好材料もある。また、大黒柱のFWリオネル・メッシを欠く前線では、FWルイス・スアレスとFWネイマールが2試合連続でアベック・ゴールを挙げるなど、決定力が一段と際立っている。今節も向上してきた中盤と前線の連係を生かし、次節のレアルとの大一番に繋がる内容の伴った勝利を掴みたい。

 一方、バルセロナ以上に故障者が続出しているビジャレアルだが、辛抱強くローテーションを採用してきた効果が出る形で、ここに来て序盤戦に見せていた勝負強さを取り戻している。今節は相手の力が相当上がるが、セビージャ戦と同様のメンバーに戻ると見込まれるなどディナモ・ミンスク戦よりも戦力が上がるので、接戦に持ち込んで勝機をものにしたい。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る