FOLLOW US

初得点のカラスコを称賛するアトレティコ指揮官「最後のゴールではない」

アトレティコ・マドリードでプレーするカラスコ [写真]=Getty Images

 18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第8節、アトレティコ・マドリードはアウェーでレアル・ソシエダに2-0で勝利した。

 この試合、序盤の9分にフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンの古巣相手のゴールで先制したものの、その後は追加点を奪えぬ嫌な展開を迎えたアトレティコ・マドリードだが、後半アディショナルタイムにベルギー代表MFヤニック・フェレイラ・カラスコがゴールを決めてレアル・ソシエダに引導を渡した。

 この日の駄目押しゴールがアトレティコ・マドリードでの初得点となったカラスコは、試合後のインタビューで、ディエゴ・シメオネ監督からかけて貰った激励の言葉を明らかにした。

「シメオネ監督は僕のゴールを本当に喜んでくれた。『これが最初で最後のゴールにはならない』と言ってくれた」

 カラスコは一方、自身と同じく途中出場からアシストを送ってくれたスペイン人FWフェルナンド・トーレスへの感謝の気持ちを表した。

フェルナンド・トーレスが良い形でカウンターに持ち込み、僕がGKと1対1となるようなボールを送ってくれた。自分はただGKをドリブルで抜いてシュートを決めるだけだったよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA