FOLLOW US

バルサ、香川同僚オーバメヤンを注視か…巨額オファーなら獲得実現も

ドルトムントでプレーするオーバメヤン(左)と香川(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 バルセロナが、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのガボン代表FWピエール・エメリック・オーバメヤンの獲得に動く可能性が浮上した。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えている。

 同紙によるとバルセロナは、今シーズンのブンデスリーガ開幕から8試合連続で得点を決めているオーバメヤンに熱い視線を注いでおり、もともと獲得希望リストの中に存在していたが、今やその最上位に浮上しているという。

 しかし同選手は今年7月末、「僕の心は完全にこのクラブにある。ここを離れたいと思ったことは1度もない」と話し、ドルトムントとの契約を2020年まで延長したばかり。また同紙の報道を受けてマネージャーのミヒャエル・ツォルク氏も、「我々は、未来をオバとともに描いている」と、ドイツ紙『ビルト』に語り、同選手放出の意向を全く持っていないことを明らかにした。

 ただしオーバメヤンは、かねてからスペインでプレーすることを自身の夢として公言していたため、『ビルト』は「バルセロナが仮に巨額のオファーを出せば、揺れ動く可能性はある」と記している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA