FOLLOW US

指揮官に続きマスチェラーノも対戦相手を称賛「セルタは完璧だった」

セルタ戦に出場したマスチェラーノ(右) [写真]=Getty Images

 バルセロナは23日にリーガ・エスパニョーラ第5節でセルタと対戦し1-4の完敗を喫した。同クラブのアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが試合後のインタビューに応じ、スペインメディア『weloba』がコメントを伝えている。

 同メディアによるとマスチェラーノはバルセロナが負けた試合の後や難しい状況にある時でも、常にインタビューに応じてくれるという。この試合の後も取材に応じ、「セルタの方が全てにおいてよかった。結果は当然のことながら、プレー面でもね」と素直に負けを認めた。

 指揮官のルイス・エンリケ監督もセルタを称賛するコメントを残していたが、「僕たちよりいいパフォーマンスだった。あらゆる局面の1対1でも僕たちに勝っていた。僕たちがミスを犯したということもある。しかし、セルタは完璧な試合運びをした。言い訳はしないよ。セルタの方がよかったんだ」と、同選手も対戦相手が自分たちよりも優れていたと話している。

 そして解決策を問われると、「26日の試合に勝つのが1番の解決策だ」と、ホームにラス・パルマスを迎える次節に向けて意気込んだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO