FOLLOW US

メッシ、PK失敗も今季初の1試合2得点…バルサが開幕4連勝を飾る

ゴールを祝うバルセロナの選手たち [写真]=VI Images via Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第4節が20日に行われ、バルセロナとレバンテが対戦した。

 前節アウェーで強敵アトレティコ・マドリードに逆転勝利を収めたバルセロナは開幕3連勝を達成。補強禁止処分や負傷者の影響で選手層に不安を抱えるが、この試合ではDFダニエウ・アウヴェスがけがから復帰し先発に名を連ねた。対するレバンテはここまで勝ち星がなく14位に沈んでいる。

 立ち上がりから圧倒的なポゼッションで支配するバルセロナは15分、リオネル・メッシがドリブル突破でエリア内に侵入しゴール正面から右足でシュート。これがDFに当たってこぼれたところを自ら拾うと今度は左足アウトでシュートするもGKにキャッチされた。メッシはさらに18分、エリア手前左からのFKを直接狙ったが枠を捉えることはできなかった。

 続く22分、バルセロナはショートカウンターを仕掛けるとメッシのスルーパスにネイマールが抜け出しエリア内左から右足インサイドでファーサイドを狙ったシュートを放ったが、枠の右に大きく外れてしまった。するとレバンテにもビッグチャンスが訪れる。28分、カウンターで最終ラインの裏をとったロヘル・マルティがナビル・ギラスに預けると、エリア内でハビエル・マスチェラーノをかわしたギラスが左足を振り抜く。しかしアウトにかかったシュートは枠の左に逸れ、先制点には至らない。

 ピンチを凌いだバルセロナは36分、メッシがエリア手前のサンドロ・ラミレスとのワンツーから強烈なシュートでゴールを脅かすと、GKが弾いたところにサンドロが詰めたがシュートは枠の左に外れた。前半アディショナルタイムにはエリア手前右からのFKをメッシが直接狙うもゴール左に逸れ、試合は0-0のまま折り返す。

 前半は攻め続けながらもゴールが奪えなかったバルセロナだが、後半早い時間に先制点を奪う。50分、エリア内右でボールを受けたメッシは中央に柔らかいクロスを供給。このパスを前線に上がっていたマルク・バルトラが胸トラップから右足インサイドでうまくゴールに流し込んだ。

 バルセロナはさらに56分、右サイドからダニエウ・アウヴェスがクロスを上げるとGKが弾いたボールをファーサイドのネイマールがシュート。1度はDFに阻まれたものの、こぼれ球を自ら拾いDF2枚の股下を抜くシュートを決めた。畳み掛けるバルセロナは61分、エリア内でネイマールが倒されて得たPKをメッシがゴール右上に決め、一気にリードを3点に広げる。

 余裕が生まれたバルセロナは62分にセルヒオ・ブスケツを下げてジェラール・グンバウを投入する。しかし67分、左サイドからのクロスボールに対応したGKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンがクリアしそこねると、最後はビクトル・カサデススが押し込み、レバンテが1点を返した。

 失点を喫したバルセロナは75分、メッシがエリエ内でズハイル・フェダルに倒されこの試合2度目のPKを獲得。ところがこれをメッシが枠の上に外してしまい4点目とはならなかった。それでもメッシは90分に汚名返上を果たす。ドリブルでエリア手前まで持ち運ぶと左足を振りぬき、正確なグラウンダーのシュートをゴール左隅に沈めた。

 試合はこのままタイムアップを迎え、4-1でレバンテを下したバルセロナが開幕からの連勝を4に伸ばしている。

 次節、バルセロナは23日にアウェーでセルタと、レバンテは同日にホームでMF乾貴士が所属するエイバルと対戦する。

【スコア】
バルセロナ 4-1 レバンテ
【得点者】
1-0 50分 マルク・バルトラ(バルセロナ)
2-0 56分 ネイマール(バルセロナ)
3-0 61分 リオネル・メッシ(PK)(バルセロナ)
3-1 67分 ビクトル・カサデスス(レバンテ)
4-1 90分 リオネル・メッシ(バルセロナ)

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA