FOLLOW US

レアルが今季初勝利…ハメスのオーバーヘッド弾などで決定力不足を払拭

ベティス戦で5発快勝を収めたレアル・マドリード [写真]=Real Madrid via Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第2節が29日に行われ、レアル・マドリードとベティスが対戦した。

 23日に行われたリーガ開幕戦で、レアル・マドリードは昇格組のスポルティング・ヒホンとまさかのスコアレスドロー。ホーム開幕戦となった今節で初ゴール初勝利を収めておきたいところ。一方のベティスも、開幕節はビジャレアルと1-1の引き分けで終わっていた。

 試合は、開幕戦から一転しレアル・マドリードの攻撃陣が爆発する。特にガレス・ベイルや、先発に復帰したMFハメス・ロドリゲスとFWカリム・ベンゼマらが活躍。だがFWクリスティアーノ・ロナウドはまたも不発に終わった。

 開始わずか2分、右サイドのJ・ロドリゲスがアーリークロスを供給。それに反応しペナルティエリア内中央に飛び出したベイルがヘディングで合わせてゴールネットを揺らした。さらに39分、右サイドのエリア手前ぎりぎりのところでFKを獲得したレアル・マドリードは、J・ロドリゲスが左足を振り抜くと、シュートは直接ポスト左に当たり、ゴールに吸い込まれた。レアル・マドリードは2点リードを獲得し前半を折り返す。

 後半開始2分、またもレアル・マドリードが追加点を奪う。右サイドのベイルからのクロスに、中央でフリーのベンゼマが頭で押し込んだ。さらに3分後の50分、エリア手前中央でセカンドボールを拾ったトニ・クロースが、左足でシュートを放つ。これにエリア内中央に残っていたJ・ロドリゲスが反応。右足トラップでボールを浮かせると、オーバーヘッドキックで、シュートをゴール右隅に突き刺した。

 しかしレアル・マドリードは、ラファエル・ヴァランがエリア内でホルヘ・モリーナを倒し、ベティスにPKを献上。キッカーを務めたルベン・カストロがゴール右に蹴り込みも、GKケイロル・ナバスが反応し、ボールを収めた。ナバスの好セーブでレアル・マドリードはピンチを凌ぐ。

 レアル・マドリードは分、中央のベイルからのスルーパスでC・ロナウドがエリア内左に抜け出す。相手GKが飛び出してきたため、持ち直して右足を振り抜くが、ゴールライン上に戻っていた相手DFにブロックされた。さらに分、右サイドからのクロスに、ファーサイドのセルヒオ・ラモスが、オーバーヘッドキックで合わせるが、シュートはポスト左に弾き返された。

 すると89分、レアル・マドリードはダメ押しのゴールを獲得。カゼミーロのパスを敵陣中央で受けたベイルが、自ら持ち上がりエリア前中央で左足を振り抜くと、強烈なシュートは、ポスト左に当たり、ゴールに決まった。

 試合はこのままタイムアップを迎え、レアル・マドリードがホームで5-0の勝利。今シーズンのリーガ・エスパニョーラで初白星となった。

【スコア】
レアル・マドリード 5-0 ベティス

【得点者】
1-0 2分 ガレス・ベイル(レアル・マドリード)
2-0 39分 ハメス・ロドリゲス(レアル・マドリード) 
3-0 47分 カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード)
4-0 50分 ハメス・ロドリゲス(レアル・マドリード)
5-0 89分 ガレス・ベイル(レアル・マドリード)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO