FOLLOW US

3部降格のバルサB、“お金の力”で2部残留の可能性が浮上

トレーニングをするバルセロナBの選手たち(写真は公式サイトのキャプチャ)

 2014-15シーズンのリーガ・アデランテ(スペイン2部)で最下位に沈み、セグンダB(スペイン3部)への降格が決定したバルセロナB。

 見事「三冠」を達成したバルセロナの育成ピラミッドの頂点にいるチームだが、5年ぶりに降格という憂き目にあった。

 しかし、そんなバルセロナBに2部残留の可能性が浮上しているようだ。その理由には、エルチェが関係しているとイギリス紙『デイリー・ミラー』が伝えている。

 エルチェは2014-15シーズン、リーガ・エスパニョーラ(スペイン1部)に在籍し、13位でフィニッシュしていた。

 リーグのレギュレーションでは18位から20位の3チームが2部に降格するため残留が決定していたのだが、エルチェは現在負債を抱えており、経済的に困難な状況にあるという。

 エルチェの負債総額は720万ユーロ(約9億8000万円)。すでに2部への降格は決定しており、仮に7月の終わりまでにこの額を支払わなければスペインリーグから除外される可能性すらあるそうだ。

 そこで浮上したのが、「バルセロナがエルチェの負債を肩代わりするのではないか」という話である。

 世界で最も大きなクラブの一つであるバルセロナにとって、720万ユーロという金額はそれほど大きなものではない。バルセロナがこの額を支払うことによって、エルチェはクラブとして存続する。

 そして、エルチェがバルセロナBの代わりに3部へと降格し、バルセロナBは2部に残留するのではないか、というワケだ。要は、バルセロナにはBチームの2部残留権をお金で確保する可能性があるというのだ。

 バルセロナBには、ムニル・エル・アダディやアレン・ハリロヴィッチ、アダマ・トラオレといった才能ある若手選手が数多く在籍している。それだけに、できるだけ上位のグレードでプレーさせて成長を促したいところであろうが、果たして・・・。

 なお、エルチェはこの夏、バレンシアなどで活躍したルベン・バラハ氏を新監督に迎えている。

(記事提供:Qoly)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO