FOLLOW US

サラゴサ長谷川…スペインでの日本人の評価を「変えられるよう頑張る」

サラゴサの入団会見に臨んだ長谷川(写真はサラゴサ公式HPのキャプチャ)

 リーガ・エスパニョーラ2部のサラゴサは14日、新加入選手の入団会見を行った。セレッソ大阪から加入したMF長谷川アーリアジャスールのコメントをクラブ公式HPが伝えている。

 長谷川はまずスペイン語で「こんにちは、私の名前はアーリアです。サラゴサでプレーすることができてとても嬉しいです。スペインでプレーすることが子供の頃からの夢でした。サラゴサの力になりたいと思います。ありがとうございます」とスピーチを行うと、続けて日本語で「こういう機会を与えてもらって本当に嬉しいですし、サラゴサのためにしっかりと頑張りたいと思います」と新天地での意気込みを語った。

 チームを率いるランコ・ポポヴィッチ監督はFC東京、C大阪時代の指揮官でもあるが同監督については「監督とは日本で何年も一緒にやっていますし、やりたいサッカーもわかっている。監督は本当に僕のサッカー人生を上手く変えてくれた人ですし、期待にも応えたいと思います。でもまずはチームの為にやることが一番なんで、それが自分にもつながってくると思う。チームメートとしっかりとやりたい」とコメントしている。

 これまでも日本人選手はスペインリーグに挑戦してきたが、その多くが不本意な時間を過ごした。これについては「今まで日本から来た人たちも偉大な選手たちです。でもここの地で結果が残せていないというのは僕もわかっているので、そういうのを変えられるように頑張りたいと思います」と、自身がスペインにおける日本人選手の評価を変える第一人者になりたいと述べた。

 また、日本代表への復帰については「サッカー選手である以上は国を背負って戦うこと、そういう場所に行きたいという気持ちはあります。でもそういうところばかり見ていても仕方ないと思うので、しっかりとこのチームで結果を出すことがそういうところにつながると思う。もちろん強い気持ちはありますけど、今は日本代表よりサラゴサでしっかりと結果を残すことが大事だと思います」とまずはチームで結果を出し、その先の日本代表を目指すことを明かしている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO