FOLLOW US

レアル、フロント陣がポグバの獲得を進言…ペレス会長は難色示す

去就に注目が集まるポグバ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードのフロント陣は、ユヴェントスに所属するフランス代表MFポール・ポグバの獲得をフロレンティーノ・ペレス会長に進言しているようだ。スペイン紙の『マルカ』が18日付で報じている。

 レアル・マドリード・カスティージャ(Bチーム)を率いているジネディーヌ・ジダン監督はポグバの才能を称賛する発言を何度もしており、他のレアル・マドリードの関係者たちもこぞってポグバ獲得を後押ししているとされている。

 しかし、ポグバが私生活で問題を抱えていることや代理人がミーノ・ライオラ氏であることから、ペレス会長はポグバ獲得に乗り気でない模様だ。ポグバを獲得するには、9000万ユーロ(約125億円)という高額な移籍金と、1200万ユーロ(約17億円)という高額な年棒を払わなければならないと見られており、それも会長が難色を示す理由となっているようだ。

 バルセロナマンチェスター・Cパリ・サンジェルマンなど他のヨーロッパの強豪クラブもポグバに興味を持っており、もしレアルがポグバ獲得を企む場合はさらに争奪戦が白熱すると予想される。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO