2015.06.10

ポルトでの武者修行を経てレアル復帰のカゼミーロ「死ぬほど嬉しい」

カゼミーロ
2013-14シーズンはレアルでプレーしていたカゼミーロ [写真]=Bongarts/Getty Images

 ラファエル・ベニテス監督が新指揮官に就任したレアル・マドリードで、主力と控えの実力差が懸案事項の中盤の新戦力として期待されているのが、ポルトでの武者修行を経て古巣に復帰するブラジル代表MFカゼミーロだろう。

 2013年1月にサンパウロからレアル・マドリードのBチームに半年間のローンで加入したカゼミーロ。完全移籍ならびにトップチーム昇格を果たした昨シーズンは出場機会に恵まれなかったものの、ポルトに1年間のローンで移籍した今シーズンは絶対的レギュラーの座を掴んだ。

 この活躍によりブラジル代表にも再び選出されるようになったカゼミーロは、ポルトから1500万ユーロ(約21億2000万円)の買取オプションを行使されたものの、レアル・マドリードが750万ユーロ(約10億6000万円)でその権利を無効にできる買戻オプションを行使し返したため、1シーズンでのポルトガルからスペインへの復帰が確定した。

 現在は今月11日に開幕するコパ・アメリカに臨むブラジル代表に合流しているカゼミーロは、スペイン紙『マルカ』とのインタビューで、レアル・マドリードへの復帰に喜びを爆発させた。

「マイホームだと考えているクラブに戻ってくることができ本当に幸せだ。自分に信頼を寄せてくれたレアル・マドリードにもベニテス監督にも感謝している。彼らの期待を裏切らないという自信がある。僕にとってレアル・マドリードは絶対に逃したくない夢だ。再びサンティアゴ・ベルナベウに立てるのが死ぬほど嬉しい」

 一方、自身を一流選手へと成長させてくれたポルトに対して、「思い出の場所として心の中に残り続ける」と感謝の意を述べたカゼミーロは、ブラジル代表として南米王者になってレアル・マドリードに再加入するとの強い意気込みを表した。

「今、僕の頭の中にあるのはブラジル代表だ。なぜなら、コパ・アメリカを素晴らしい大会にするという意欲に溢れているからだ。レアル・マドリードには南米王者として到着したいと思っている」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
10pt
ハノーファー
10pt
バイエルン
9pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
セビージャ
10pt
レアル・ソシエダ
9pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
インテル
12pt
欧州順位をもっと見る