2015.06.02

“MSN”トリオは歴代最強…メッシ「この3トップを超えるのは難しい」

国王杯を制した(左から)スアレス、メッシ、ネイマール [写真]=FC Barcelona via Getty Images

 バルセロナの絶対的エースとして君臨し続けているアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、ここまでの成長の過程において共演してきた前線のパートナーについて自身の見解を示した。

 イギリスのフットボールサイト『Squawka』とのインタビューに応じたメッシは、2004年10月にトップチームでデビューして以来、多くの一流選手と一緒にプレーしてこられたことに感謝した。

「僕はラッキーだ。これまで何年にも渡り本当に多くの傑出したフォワードとプレーしてきた。ロナウジーニョとは素晴らしいコンビネーションを見せられた。また、サミュエル・エトオ、ティエリ・アンリ、ペドロ、ダビド・ビジャ、アレクシス・サンチェスといった選手ともプレーしてきた」

 メッシはその一方で、ブラジル代表FWネイマールおよびウルグアイ代表FWルイス・スアレスと形成している通称“MSNトリオ”が、歴代のスリートップの中で最強だと考えているという。

「とはいえ、ネイマールとスアレスとのスリートップを超えるのは難しいと言わざるを得ない。彼らは2人ともこの競技の頂点にいる選手だ。僕たちはまだ1シーズンしか3人でプレーしていないので、連係を深めるためにするべきことは残されている。それは、3人のコンビネーションはさらに向上させることを意味している。いずれにしても、僕たちはそれをチームワークとして行うことだけを考えている」

 さらにネイマールとルイス・スアレスの卓越した能力を称賛したメッシは、3人が一緒にプレーすることで生まれる相乗効果について説明した。

「僕はこれまでもネイマールのボールタッチや身のこなしといったクオリティの高さについて述べてきた。彼は世界最高の選手になれるだろう。また、ルイス・スアレスも同様の存在だ。彼のボールタッチ、視野、動き、直感的なプレーは並外れている。僕たちはそれぞれが異なる何かをもたらし、お互いを高め合っている」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
6pt
リヴァプール
6pt
チェルシー
6pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
3pt
バルセロナ
3pt
レバンテ
3pt
欧州順位をもっと見る
アタランタ
3pt
エンポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
欧州順位をもっと見る