FOLLOW US

パリSG、C・ロナウド獲得へ…FFP緩和が影響し約166億円でオファーか

レアルでプレーするC・ロナウド [写真]=Real Madrid via Getty Images

 パリ・サンジェルマンが、レアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド獲得に向け、高額のオファーを出していることが明らかになった。22日付のスペイン紙『マルカ』が伝えた。

 ファイナンシャル・フェアプレー(FFP)により移籍市場での動きに制限を受けていたパリ・サンジェルマン。しかし、UEFA(欧州サッカー連盟)のミシェル・プラティニ会長は先日、同ルールを緩めると明言していた。これにより、パリSGの会長を務めるナセル・アル・ケライフィ氏が多額の強化資金を注ぎ込むだろうと、同紙は予想している。

 同クラブはC・ロナウド獲得のため、移籍金として1億2500万ユーロ(約166億円)を用意しているという。

 C・ロナウドは今シーズンのリーガ・エスパニョーラ34試合に出場し、45得点を挙げている。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA