FOLLOW US

香川の同僚、独代表MFギュンドアンがバルサ移籍か…シャビの後継者へ

ドルトムントでプレーするギュンドアン(左)と香川(右) [写真]=Bongarts/Getty Images

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントのドイツ代表MFイルカイ・ギュンドアンが、バルセロナへ移籍する可能性が浮上した。16日付のスペイン紙『スポルト』が報じている。

 ギュンドアンとドルトムントは2016年6月30日まで契約を結んでいるが、クラブは4月30日に同選手と新たに契約を結ばないことを発表していた。これにより、移籍金が発生する今夏の移籍市場でクラブを退団することが濃厚となっている。

 同選手の獲得には、国内では王者バイエルン、国外ではマンチェスター・Uアーセナルなどプレミアリーグのクラブが名乗りを上げている模様だが、新たにバルセロナも獲得を狙っているようだ。

 ドイツ誌『キッカー』は、ギュンドアンが今週バルセロナを訪れていたことを報じており、それがバルセロナ移籍に関しての訪問だったと推測している。バルセロナは、今シーズン限りで主将の元スペイン代表MFシャビが退団することが濃厚になっており、クラブはギュンドアンをその後釜に据えたいという。

 しかし、バルセロナは2016年1月の移籍市場まで選手の獲得(正確には選手登録を行えない)が行えないため、同選手を獲得した場合はレンタルで他のクラブに貸し出されることになると伝えられている。

 果たして、ギュンドアンの行き先はどこになるのか、去就に注目が集まる。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO