FOLLOW US

“PK職人”のバレンシアGK、C・ロナウドのPK止めリーガ記録に並ぶ

1月25日のセビージャ戦でもPKを止めたD・アウヴェス [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第36節が9日に行われ、バレンシアはレアル・マドリードと対戦した。“PK職人”として知られるバレンシア所属のGKジエゴ・アウヴェスがこの試合でもPKをストップし、同リーグのPKセーブ記録に並んでいる。

 D・アウヴェスが記録に並んだのは、バレンシアが2-0とリードして迎えた前半アディショナルタイム1分のことだった。キッカーを務めたのはレアル・マドリード所属のポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド。ゴール左隅に強烈なシュートが飛ぶも、D・アウヴェスはこれを完全に読み切り、弾きだした。

 これにより同選手は、リーガ・エスパニョーラで止めたPKの数を16本とし、元バルセロナGKアンドニ・スビサレッタ氏が持つリーグ記録に並んだ。

 なお試合はその後、レアル・マドリードがポルトガル代表DFペペとスペイン代表MFイスコのゴールで追いつき、2-2の引き分けに終わっている。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO