2015.04.21

早期回復の可能性も…負傷のモドリッチ「まだ今季を諦めていない」

モドリッチ
マラガ戦で負傷したレアルMFモドリッチ(右) [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、自身のけがについて母国紙『Sportske Novosti』に語った。スペイン紙『マルカ』が20日に伝えている。

 モドリッチは、18日に行われたリーガ・エスパニョーラ第32節のマラガ戦で負傷。レアル・マドリードは19日に、右ひざ内側側副じん帯の捻挫との診断結果を発表しており、現地メディアは同選手が6週間の離脱を強いられると報じていた。

 負傷について同選手は、「衝撃で立ちくらみがしたんだ。本当に痛かった。すぐに何かがおかしいとわかったよ」と相手選手と接触した瞬間を明かすと、「このタイミングでの負傷は本当にタフなものだ」と語っている。

 また、昨年11月に行われたユーロ2016予選のイタリア代表戦で大腿部を負傷し、3月に復帰を果たしていたばかりだったモドリッチは、「11月に負傷した後、僕はコンディションを戻すためにハードワークしたんだ。今月に入って全てが順調に進んでいると思っていた。今シーズン終盤で、やっとチームを助けることができると思っていたが、この悪夢のようなけがを負ってしまったよ」と、再び離脱することを悔やんだ。

 そして、復帰時期については、「プレーするまで5から6週間かかるとの診断を受けた」と明かすと、「まだ今シーズンを諦めてはいない。8月から11月にかけて素晴らしい時間を過ごした。だがその後離脱し、また新しいけがを負った。今シーズンをいい形で終えることができると信じない理由はないよ」と、今シーズン終了までの復帰に意気込みを語った。

 なお、『マルカ』紙は、モドリッチの負傷がそれほど深刻でないとして、早くて3週間で復帰できる可能性も伝えている。だがその一方で『Sportske Novosti』紙によると、クロアチア代表のチームドクターを務めるボリス・ネメッチ氏は、「(モドリッチの負傷は)間違いなく深刻なけがだ。少なくとも回復に4週間ほど必要で、プレーできるまで5から6週間かかる」とコメントしている。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング