2015.04.18

大舞台で本領発揮するスアレス…バルサ1年目の得点率でエトオに迫る

ルイス・スアレス
バルセロナで活躍を見せるスアレス [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスは、10年前の2004-05シーズンにバルセロナに入団したFWサミュエル・エトオ以来の活躍しているストライカーだと、スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 現在イタリアのサンプドリアに所属する元カメルーン代表のストライカーは、バルセロナ入団した初めてのシーズンで、リーガ・エスパニョーラ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグで29得点を決め、1試合平均0.64得点という高い数字を残している。エトオが2008-09シーズンを最後に退団してから、バルセロナはアルゼンチン代表FWリオネル・メッシがストライカーの役割を果たしているが、1シーズン目にゴールという結果をエトオ以上に残すことはできていなかった。

 元フランス代表FWティエリ・アンリはバルセロナに入団した最初のシーズンで、47試合で19得点を記録。1試合平均0.4得点という記録で周囲が期待したような活躍はできなかった。

 スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチは41試合で21得点。1試合平均0.51得点という結果を残したが、バルセロナのシステムに適応することができず、1シーズンで退団している。

 チリ代表のFWアレクシス・サンチェスもイタリアのウディネーゼで素晴らしい活躍をして、バルセロナに入団したが、最初のシーズンは38試合14得点。1試合平均0.36得点で、今はアーセナルでプレーしている。

 昨シーズンがバルセロナで1年目だったネイマールは39試合で14得点とA・サンチェスよりも低い数字を残している。

 一方で今シーズン、入団したスアレスはこれまでに33試合で18得点を奪っており、1試合平均0.54得点を記録。スアレスはチャンピオンズリーグの舞台に強く、マンチェスター・C戦、パリ・サンジェルマン戦と2得点ずつ奪っており、大舞台で際立った活躍を見せている。得点率も高く、バルセロナはエトオ以来の“9番”を手にしたと、スアレスのパフォーマンスを称えている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・U
6pt
ウェスト・ブロムウィッチ
6pt
ワトフォード
4pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
82pt
ライプツィヒ
67pt
ドルトムント
64pt
欧州順位をもっと見る
レアル・ソシエダ
3pt
レガネス
3pt
バレンシア
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
3pt
ナポリ
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る