FOLLOW US

追撃体勢が整ったレアル、今季初の3連勝を飾ったラージョとの自治州ダービー

首位バルサを追撃するレアルは自治州ダービーに臨む [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは前節、ホームでグラナダに怒涛のゴールラッシュ(9‐1)を演じ、アウェーでバルセロナに惜敗(1‐2)した前々節のクラシコのショックを完全に払拭。通算22勝1分6敗として、首位バルセロナから4ポイント差の2位をキープした。エースのFWクリスティアーノ・ロナウドが圧巻の5ゴールを挙げ、2カ月振りにピッチに立ったMFハメス・ロドリゲスが早速2アシストを決めるなど、役者が完全に揃った攻撃陣はバルセロナ追撃体勢が整ったことを印象付けた。

 ここに来てのMFルカ・モドリッチおよびMFハメス・ロドリゲスの相次ぐ帰還により、MFトニ・クロースとの黄金の中盤が復活したことで、今節は前節出場停止のMFイスコが復帰するものの、スタメンに戻れない可能性が指摘されている。一方、守備陣では、復帰にはあと少し時間が掛かるDFペペの代わりをDFラファエル・ヴァランが引き続き務めることになるだろう。

 一方のラージョ・バジェカーノは前節、アウェーでエイバルに勝利(2‐1)し、今シーズン初の3連勝を達成。通算12勝2分15敗としたチームは、順位を11位から今シーズン最高タイの9位に浮上した。

 勝ち点を38ポイントに伸ばし、目標の残留に王手掛けて迎えた今節は、MFロベルト・トラショーラスおよびDFアントニオ・アマジャが出場停止から復帰する一方、状態が万全でないMFラウール・バエナが欠場する場合はMFホサベもしくはMFファタウが代わりを務めると予想されている。

 グラナダ戦では攻撃面で圧倒的な破壊力を見せ付けたレアル・マドリードだが、守備面では相手に簡単にシュートに持ち込まれる場面も何度か見られた。それゆえ、目下2連敗中のアウェーで前節よりも相手が大きく強化される今節は、主導権を握れなかった時間帯の戦い方が注目される。逆にラージョは、その時間帯をしっかりと生かせるかが、勝ち点獲得の鍵となるだろう。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA