FOLLOW US

敗戦を受け入れ、今後を見据えるマルセロ「諦めたりはしない」

レアルに所属するマルセロ [写真]=Real Madrid via Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第28節が22日に行われ、バルセロナとの“クラシコ”に臨んだレアル・マドリードは、1-2で敗れた。同クラブのブラジル代表DFマルセロが試合を振り返っている。クラブ公式HPが伝えた。

 勝利を収めればバルセロナを抜いて首位に浮上するレアル・マドリードだったが、19分に先制ゴールを奪われる。その後、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドの得点で同点に追いついたが、56分に再び失点し、敵地で敗戦を喫した。

 試合後、マルセロは「相手よりも良いプレーをしていた時間帯はあったと思う。前半や後半の序盤は、僕たちの方がボールを保持していた。ただ、最後は相手が上回った。首位に立つチャンスだったけど、まだ試合は残されている。僕たちは戦い続けるよ」と述べた。

 また、「僕たちは決して諦めたりはしない」と主張。さらに「自分たちのミスは分かっているし、同じ過ちは繰り返さないようにしたいと思っている。リーグ戦は僕たち次第ではなくなったけど、最後まで戦うよ」と語った。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO