2015.03.23

指揮官が決勝弾のスアレスを称賛「バルサに貢献してくれている」

L・エンリケ
バルセロナを率いるルイス・エンリケ監督 [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第28節が22日に行われ、バルセロナはレアル・マドリードと対戦した。試合後、チームを率いるルイス・エンリケ監督のコメントを、同クラブ公式HPが伝えている。

 バルセロナは、19分にアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのFKにフランス代表DFジェレミー・マテューが頭で合わせ先制したものの、31分、レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドに得点を許した。その後、同点で迎えた56分にウルグアイ代表FWルイス・スアレスが挙げた勝ち越しゴールを守りきり、2-1で勝利を収めている。

 L・エンリケ監督は「前半も後半も戦い方は変えていない。前半はプレッシャーをかけるため、もがき苦しんでいたけれど、後半の入り方が良かった。勝ち越しゴールが我々を冷静にしてくれて、追加点を奪うためのチャンスをいくつも作りだすことができた」と、勝ち越しゴールが試合に大きく影響したことを明かし、「接戦だったから3-1に差を広げたかったが、同時に追いつかれるリスクを背負いたくなかった。試合終了までプレッシャーをかけ続ける事ができたが、残念なことにそれを得点に結びつけることはできなかった」と、試合を振り返った。

 この勝利で、バルセロナは2位レアル・マドリードとの勝ち点差を4にしている。同監督は「観客も楽しませる、いい勝利だった」と喜びを口にするも、一方で「確かに重要な勝利だが、決定的なものではない。首位に立っているが、どんな試合でも勝ち点を落とすわけにはいかないから、リラックスできないね」と語り、気を引き締めた。

 決勝ゴールを挙げたスアレスについては「非常によくやってくれた。彼がどんなに素晴らしい選手かを見ることができて、我々は幸せだ。ここに来てからチームにとても貢献してくれている。スアレスはチームメイトとの繋がり方を知っていて、シュートを打つことができて、強靭なフィジカルがあって、サッカー向きの性格をもっている」と称賛した。

 そして、L・エンリケ監督は「我々はできるだけ自分たちのゴールから遠い位置でボールを保持する戦い方を好むが、今日は相手もそれをやってきた。やりたい戦い方ができないと、なんとかしてスタイルを適合させないといけなくなる。今日は巧妙な相手と対戦したね。多分、我々が世界で最も攻撃力のある2チームだろう」と、ライバルへの賛辞も惜しまなかった。

 バルセロナは4月5日に行われるリーガ・エスパニョーラ第29節でセルタと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る