FOLLOW US

レアルを突き放したいバルサ指揮官…クラシコは「最高のチャンス」

バルセロナを指揮するL・エンリケ監督 [写真]=Getty Images

 バルセロナは22日に行われるリーガ・エスパニョーラ第28節で、レアル・マドリードとの“クラシコ”を迎える。ルイス・エンリケ監督は、重要な一戦であることを認めながらも「決定的な試合ではない」との見解を示した。クラブ公式HPがコメントを伝えている。

 前日会見に出席したL・エンリケ監督は、「レアル・マドリードは永遠の宿敵であり、順位も近いところにいる。もし勝利することができればプラスになる。だが、シーズンが終わるまではまだ10試合残っている」と語った。

 とは言え、首位バルセロナと2位レアル・マドリードは勝ち点差1に肉薄している。L・エンリケ監督も「差をつける最高のチャンスだ」と捉えているようだ。

「とてもレベルの高いチームで、両者ともに懸けるものがある。我々が苦しむ時間帯もあるだろう。だが、我々のサポーターがそういう瞬間に助けてくれることを期待している。魅力的でワクワクする、特別な試合だ。ライバルよりもチャンスメイクし、試合のリズムや感情をコントロールしたい」

 第9節に対戦した際は、1-3で敗れたバルセロナが、今節はホームでのリベンジを誓う。また、負傷していたスペイン代表MFセルヒオ・ブスケツの復帰も見込まれる。指揮官は、「ここ数日はグループ練習ができているが、まだ100パーセントの状態ではない。最高のコンディションではないが、選択肢には入る」と説明。先発起用については明言を避けた。


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO