FOLLOW US

スアレスが3ゴールに絡む活躍…先発4名を入れ替えたバルサが快勝

全得点に絡んだスアレスとラキティッチ [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第25節が2月28日に行われ、グラナダとバルセロナが対戦した。

 2月24日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦ファーストレグでマンチェスター・Cと対戦したバルセロナは、MFアンドレス・イニエスタ、MFセルヒオ・ブスケッツ、DFジェラール・ピケの、スペイン代表3選手を含む先発4人を変更して試合に臨んでいた。

 試合は序盤からバルセロナが攻勢に出る。18分にルイス・スアレス、20分にはネイマールが、それぞれ抜け出しGKと1対1の局面を創り出すも、どちらもオフサイドと判定される。

 バルセロナが試合を優位に進めると、そのまま24分に先制する。ラインの裏に抜けだしたスアレスのシュートがカラのクリアミスを誘い、最後はイヴァン・ラキティッチが押しこんだ。

 同点を目指すグラナダが41分にチャンスを作る。高い位置で奪ったボールを繋ぎ、ハビ・マルケスがミドルシュートを放つも、クラウディオ・ブラーボのセーブに遭い、前半はこのまま0-1で終了する。

 後半開始早々の47分、右サイドでスローインを受けたスアレスが、ラキティッチとのワンツーでエリアに侵入し、右足アウトサイドで冷静に決め、スコアを0-2にした。

 4分後の51分、ラス・バングラのドリブルをマルク・バルトラがファールで止め、PKを献上。これをフラン・リコがしっかりと成功し、52分にグラナダが1点差に詰め寄る。

 追いつきたいグラナダだったが、バルセロナが再び突き放す。69分にラキティッチのスルーパスに反応したスアレスがリオネル・メッシにラストパスを送ると、メッシはこれを無人のゴールに流し込み、試合を決定づけた。

 試合はこのまま1-3で終了し、連勝したバルセロナは暫定ながら首位レアル・マドリードとの勝ち点差を1にした。

【スコア】
グラナダ 1-3 バルセロナ

【得点者】
0-1 24分 イヴァン・ラキティッチバルセロナ
0-2 47分 ルイス・スアレスバルセロナ
1-2 52分 フラン・リコ(グラナダ)
1-3 69分 リオネル・メッシバルセロナ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO