FOLLOW US

バルサからのオファー明かすグリエスマン「もうBチームは嫌だった」

昨夏、アトレティコに加入したFWグリエスマン [写真]=Getty Images

 アトレティコ・マドリードに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリエスマンが、フランスの放送局『RTL』のインタビューに応じ、バルセロナと契約する可能性が過去にあったが、オファーを断っていたことを告白した。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 グリエスマンはレアル・ソシエダの下部組織に所属している時に、バルセロナからコンタクトがあった。レアル・ソシエダの下部組織に所属し、セグンダ・ディビジョン(2部)ですでにプレーしており、彼の興味はプリメーラ・ディビジョン(1部)でプレーすることしかなかった。その時にバルセロナは、同クラブの下部組織であるバルセロナBでの契約を求めたが、グリエスマンはそのオファーを断り、レアル・ソシエダに残留。その1年後、彼はレアル・ソシエダのトップチームでプレーすることになった。

 グリエスマンは言う。

バルセロナに質問するべきかな。僕はトップチームでプレーしたかった。彼らが本当に僕を欲しがっていたのかはわからない」

 グリエスマンはそう当時を振り返り、バルセロナからのオファーを断った理由はトップチームでプレーしたかったからだと明言している。

バルセロナがコンタクを取ってきて、彼らは僕のエージェントたちと話をしたんだけど、何も起こらなかった。僕はすでにレアル・ソシエダで、セグンダ・ディビジオンでプレーをしていた。もう他のセグンダ・ディビジョンのチームでプレーしたくはなかったんだ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO