FOLLOW US

5発大勝のバルサが首位レアルに肉薄…9連勝でついに1ポイント差

ビルバオに快勝したバルセロナ [写真]=FC Barcelona via Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第22節が8日に行われ、アスレティック・ビルバオとバルセロナが対戦した。

 公式戦8連勝中と波にのり、首位レアル・マドリードを追走するバルセロナ。この日は13位アスレティック・ビルバオのホームに乗り込んでの試合となった。

 ゴールショーの幕開けは14分だった。バルセロナは、ゴール前約23メートルの位置でフリーキックを獲得。これをリオネル・メッシが直接狙うと、壁をかすめたボールはコースが変わってそのままゴールへ吸い込まれ、バルセロナが幸先良く先制する。

 対するビルバオは18分、アリツ・アドゥリスが至近距離からボレーシュートを放ったものの、バルセロナの守護神クラウディオ・ブラーボが好セーブを見せ、同点ゴールを許さない。

 ピンチをしのいだバルセロナは25分、カウンターからルイス・スアレスがメッシにスルーパス。エリア内に侵入したメッシがゴール前に走りこんだスアレスにラストパスを出すと、ワンタッチで狙いすましたシュートがゴール左隅に決まり、バルセロナがリードを2点に広げた。その後、お互いに何度か決定機が訪れたもものの、両守備陣が最後のところで体を張って守り、前半は0-2で折り返す。

 2点差を逆転しようと後半開始から攻めこむビルバオ。待望の得点が生まれたのは58分だった。エリア内でアドゥリスが放ったシュートはまたもブラーボのセーブに阻まれたが、ボールは中央でフリーになっていたミケル・リコの足元にこぼれる。リコはこれを落ち着いて決め、ビルバオが1点差に詰め寄った。

 これでビルバオに流れが傾きかけたかに思えたが、バルセロナがそれを許さない。直後の61分、右サイドの深い位置に侵入したスアレスからの折り返しをメッシがボレーシュート。これがオスカル・デ・マルコスに当たってネットを揺らし、バルセロナが再びリードを2点とする。さらに63分には右サイドでメッシのパスを受けたネイマールがゴール左隅に決め1-4と試合を決定づけた。

 その後、65分にアドゥリスのゴールでビルバオが、85分にはペドロ・ロドリゲスのゴールでバルセロナが、それぞれ追加点を決め、撃ち合いとなった試合は2-5のスコアで幕を下ろした。

 強豪を倒して公式戦の連勝を9に伸ばしたバルセロナは、首位レアル・マドリードとの勝ち点差を1に詰めた状態で次節、レバンテと対戦する。一方のビルバオはの次節はグラナダとの対戦が決まっている。

【スコア】
ビルバオ 2-5 バルセロナ

【得点者】
0-1 14分 リオネル・メッシバルセロナ
0-2 25分 ルイス・スアレスバルセロナ
1-2 58分 ミケル・リコ(ビルバオ)
1-3 61分 オウンゴール(オスカル・デ・マルコス)(バルセロナ
1-4 63分 ネイマールバルセロナ
2-4 65分 アリツ・アドゥリス(ビルバオ)
2-5 85分 ペドロ・ロドリゲス(バルセロナ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO