FOLLOW US

大敗に責任感じるカシージャス「ファンには謝ることしか出来ない」

4失点大敗に責任を感じるカシージャス [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第22節が7日に開催され、レアル・マドリードアトレティコ・マドリードとの“マドリード・ダービー”を戦い、0-4で敗れた。試合後、同クラブの主将を務めるスペイン代表GKイケル・カシージャスがインタビューに応じ、同日付のスペイン紙『マルカ』がコメントを伝えている。

 屈辱の大敗にカシージャスは「我々より優れたチームがあったということだ。我々を倒した彼らにおめでとうと言うしかない」と語り、対戦相手のアトレティコ・マドリードを称賛した。

 続けて「何が正しいかを考えていかなくてはならないし、今日起きてしまったことを二度と起こさせないようにしなくてはならない」と、チームのプレーぶりを反省し、「ファンには謝ることしか出来ない」とファンに対して謝罪の言葉を述べている。

 アトレティコ・マドリードのMFティアゴ・メンデスに決められた先制点については、「ミス? あれは違う。シュートはナチョ(・フェルナンデス)と(ラファエル・)ヴァランに当たって、コースが変わったんだ。ミスではなかった」と、直前に味方に当たってコースが変化していたと主張した。

 それでもカシージャスは「この試合については分析され、話し合われるべきだし、4失点した責任を無視することは出来ない」と、大敗に責任を感じている様子だ。

 レアル・マドリードは次節、14日にホームでデポルティーボと対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA