FOLLOW US

コルドバ戦で一発退場のC・ロナウド…レアル加入後、5度目の退場

退場処分を受けピッチを後にするC・ロナウド(中央)[写真]=Getty Images

 24日に行われたリーガ・エスパニョーラ第20節のコルドバ対レアル・マドリード戦で、82分にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがフリーキックの競り合い中、ゴールエリア内でエジマールを蹴り、一発退場となった。

 2009年にレアル・マドリードの選手となってからC・ロナウドはこの日のレッドカードを含めて、5回退場している。

 レアル・マドリードの選手になって初めての退場は2009-10シーズンのアルメリア戦だった。得点した後にユニフォームを脱ぐなどの行為で2枚のイエローカードを受け、退場となった。

 2回目の退場も2009-10シーズンのマラガ戦で競り合いの時に、デンマーク人ディフェンスのムティリガにひじ打ちを喰らわせ、退場となった。この時は2試合の出場停止処分が下っていた。

 C・ロナウドが3度目の退場を受けたのは2013年に行われたコパ・デル・レイ決勝のアトレティコ・マドリード戦だった。MFガビに蹴りを入れて、退場となった。

 4度目の退場は2014年2月にサン・マメスで行われたゲームでMFカルロス・グルペギを殴り、レッドカードを提示された。この時はあとに3試合の出場停止処分がくだされた。

 C・ロナウドはコルドバ戦でもフラストレーションがたまり、相手ディフェンスを蹴ってしまった。また退場時にはコルドバの地元観衆に見せつけるようにユニフォームについている世界クラブ王者だけがつけられるワッペンに指し示す仕草をしていた。

 退場処分を受けたC・ロナウドはリーガ21節レアル・ソシエダ戦、そしてクラブ・ワールドカップのため延期されていた2月4日に行なわれる16節セビージャ戦の出場停止が予想されており、スペインメディアは2月7日にビセンテ・カルデロンで行われるアトレティコ・マドリード戦には出場できるだろうと伝えている。

ラ・リーガ観るならDAZN!
1カ月無料体験はこちら


SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA