2014.11.28

首位追走のバルサに、優勝争いに残りたいバレンシア…熾烈な戦いが必死の大一番

リオネル・メッシ
メッシのリーガ最多得点記録更新を喜ぶ選手たち [写真]=Getty Images

 バルセロナは前節、ホームでセビージャとの上位対決に快勝(5-1)し、通算9勝1分2敗として2位をキープした。また、既に決勝トーナメント進出を決めていたチャンピオンズリーグでもアウェーでアポエルに圧勝(4-0)し、通算4勝1敗としてグループ首位通過に望みを繋いだ。

 不安な戦いを続けていたチームだが、ここに来て大黒柱のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが2戦連続のハットトリック、ウルグアイ代表FWルイス・スアレスが移籍後初ゴールを記録したのは好材料だ。

 今節はスペイン代表MFアンドレス・イニエスタの復帰は微妙な状況だが、アポエル戦で温存されたブラジル代表FWネイマール、スペイン代表MFセルヒオ・ブスケツ、フランス代表DFジェレミー・マテューらがスタメンに戻る見込みとなっている。

 対するバレンシアは前節、アウェーでのレバンテとのダービーに惜敗(1-2)し、通算7勝3分2敗として3位から4位に順位を下げた。ホームに戻って仕切り直したい今節は、ヌーノ監督が先発起用を明言しているFWアルバロ・ネグレドに加え、レバンテ戦で途中出場ながら復帰を果たしたMFダニエル・パレホがスタメン入りすると見込まれている。

 通常ならバレンシアとアウェーでの対戦はドローでも悪くないバルセロナだが、連勝が止まらない首位レアル・マドリードを追走するためには、どうしても勝利が必要となる。一方、レアル・マドリードから6ポイント差、バルセロナから4ポイント差のバレンシアも、優勝争いに残るために何としても白星が欲しい。従って、強豪同士による熾烈な戦いが繰り広げられることは間違いなさそうだ。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
65pt
マンチェスター・U
53pt
チェルシー
50pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
44pt
レヴァークーゼン
31pt
ライプツィヒ
31pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
51pt
アトレティコ・マドリード
43pt
バレンシア
40pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
54pt
ユヴェントス
50pt
ラツィオ
43pt
欧州順位をもっと見る