FOLLOW US

メッシがリーガ歴代トップスコアラーに…253得点中205ゴールを左足で

リーガ歴代最多得点の記録を更新したバルセロナFWメッシ(中央) [写真]=FC Barcelona via Getty Images

 バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、リーガ・エスパニョーラでの歴代最多得点記録を更新した。クラブ公式サイトが22日に伝えている。

 メッシは、22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第12節のセビージャ戦で、ハットトリックを達成。FKで獲得した1点目で、アスレティック・ビルバオで活躍した元スペイン代表FWテルモ・サラ氏が記録したリーグ通算251得点に並ぶと、72分、78分にブラジル代表FWネイマールとの連携で2得点を挙げて通算253ゴールに伸ばした。

 これにより、メッシがリーガ歴代得点ランキングのトップとなり、2位がサラ氏となった。3位はアトレティコ・マドリードレアル・マドリードなどで活躍した元メキシコ代表FWウーゴ・サンチェス氏が234ゴールを記録しており、レアル・マドリードやシャルケでプレーした元スペイン代表FWラウール・ゴンサレスが228得点で4位。そして5位は227得点でレアル・マドリードのレジェンド、元アルゼンチン代表FWのアルフレッド・ディ・ステファノ氏がランクインしている。

 また、リーガ・エスパニョーラの公式サイトでは、記録更新を果たしたメッシのスタッツを23日に掲載。今シーズンで11シーズン目を迎える同選手は、253ゴール中、205得点を利き足の左足で奪っており、右足が39点で、ヘッドでは9ゴールを獲得している。そして、このゴールは全シュート数の28パーセントで、メッシは今まで900本以上のシュートを放っている計算となる。

 さらに、メッシが最もゴールを奪った対戦相手は、今回の記録達成時の対戦相手、セビージャで18ゴール。宿敵のレアル・マドリードからは14ゴール獲得している。

■リーガ・エスパニョーラ歴代通算得点ランキング・トップ5

1位 リオネル・メッシ(253得点)(※リーグ戦第12節終了時)
2位 テルモ・サラ(251得点)
3位 ウーゴ・サンチェス(234得点)
4位 ラウール・ゴンサレス(228得点)
5位 アルフレッド・ディ・ステファノ(227得点)

■リーガ・エスパニョーラ公式サイトによるメッシのスタッツ

▼シーズン別ゴール数
2004-05 7試合 1ゴール
2005-06 17試合 6ゴール
2006-07 26試合 14ゴール
2007-08 28試合 10ゴール
2008-09 31試合 23ゴール
2009-10 35試合 34ゴール
2010-11 33試合 31ゴール
2011-12 37試合 50ゴール
2012-13 32試合 46ゴール
2013-14 31試合 28ゴール
2014-15 12試合 10ゴール(※リーグ戦第12節終了時)

▼対戦相手別ゴール数
1位 対セビージャ 18ゴール
2位 対アトレティコ・マドリード/オサスナ 17ゴール
3位 対バレンシア 15ゴール
4位 対レアル・マドリード 14ゴール 

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO