FOLLOW US

途中出場スアレス&ネイマールがバルサ救う…逆転勝利で連敗ストップ

フル出場したメッシ [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第11節が8日に行われ、アルメリアとバルセロナが対戦した。

 リーグ戦3連敗中のアルメリアと、5日のチャンピオンズリーグ、アヤックス戦にこそ勝利したが、リーグ戦2連敗中のバルセロナの対戦となった同試合。最初に試合を動かしたのは、ホームのアルメリアだった。

 37分、アルメリアゴール正面のペナルティエリア外でリオネル・メッシからボールを奪うと、一気のカウンター。自陣からのグラウンダーのスルーパスにティエヴィ・ビフマが抜け出すと、スピードでDFを置き去りにしてGKとの1対1を制して、ネットを揺らした。

 前半をリードされて終えたバルセロナは、後半からネイマールルイス・スアレスを投入。すると、交代策が的中する。まずは73分、ペナルティエリア内右でパスを受けたスアレスが、振り向いて中央へグラウンダーのパス。ネイマールが合わせ、今シーズンリーグ10点目を決めて、同点とする。

 さらに82分には、またもパスを受けてペナルティエリア内右に侵入したスアレスが、今度は浮き球を送ると、走りこんだジョルディ・アルバが合わせて逆転に成功。試合はそのまま終了し、2-1でバルセロナが勝利。リーグ戦の連敗を2で止めている。

【スコア】
アルメリア 1-2 バルセロナ

【得点者】
1-0 37分 ティエヴィ・ビフマ(アルメリア)
1-1 73分 ネイマールバルセロナ
1-2 82分 ジョルディ・アルババルセロナ

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA