2014.10.26

ほろ苦デビューのスアレス…初黒星も前向き「まだ僕たちが首位だ」

ほろ苦デビューにも前を向くスアレス [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第9節が25日に行われ、バルセロナはレアル・マドリードとの“クラシコ”で1-3の敗戦を喫した。クラブデビューを果たしたバルセロナに所属するウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、試合後の自身の心境を明かした。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 同試合に先発出場を果たしたスアレスは、バルセロナの先制点となるゴールにつながるパスを繰り出すなど、随所に存在感を見せつけていた。しかし、バルサでの自身初得点を挙げることはなく、69分にスペイン代表FWペドロ・ロドリゲスと交代でピッチを退いている。

 デビュー戦での勝利を得られなかったスアレスだったが、試合後は「いい感じはつかめたよ」とコメント。一定の満足感を得た理由を次のように明かしている。

「デビュー戦を勝利で飾りたいとは、誰だって思うものさ。でも、チームを助けるために僕ができることは全てをやってみたんだ。全部を出し尽くすことは出来たと思う」

 また、スアレスは今シーズンのリーガ初黒星というチーム状況にも「それでも、まだ僕たちが首位なんだ」と話し、前向きな姿勢を示していた。

 バルセロナは次節、11月1日にホームでセルタと対戦する。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
13pt
バイエルン
12pt
ホッフェンハイム
11pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
15pt
ユヴェントス
15pt
インテル
13pt
欧州順位をもっと見る