FOLLOW US

逆転弾で勝利に貢献したレアルDFペペ「チームとして戦えた結果」

逆転ゴールを奪ったレアルDFペペ [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードは25日、リーガ・エスパニョーラ第9節でバルセロナと対戦し3-1で勝利した。“クラシコ”で逆転ゴールを奪ったポルトガル代表DFペペが、勝利に満足感を示している。クラブ公式サイトがペペのコメントを伝えた。

 レアル・マドリードは先制を許すも、35分にポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドがPKを成功させて1-1で試合を折り返す。すると50分、クロースの右CKにペペが頭で合わせて逆転ゴールを奪取。さらに61分にもフランス代表FWカリム・ベンゼマがダメ押しゴールを奪い勝利した。

 試合後にペペは、選手たちが自分たちの役割を遂行したことでチームとして上手く戦えたと明かした。

「何よりも重要なのは、僕たちがチームとして戦ったいうことだ。誰もが自分の役割をしっかりと成し遂げたね。先に失点をしてしまったけれど、試合の流れを変えるために強さを見せた。勝利したいという強い思いを持っていたんだ。みんなが良い反応を見せて試合をコントロールしていた。勝利に値する試合だったね」

 また、同選手はサポートしてくれるファンに対する感謝の気持ちを述べている。

「僕たちは常に飢えている。ファンに勝利をプレゼントしたかったんだ。彼らはいつも僕たちを支えてくれるからね。練習場でもスタジアムでも、いつも大きな声援で僕たちを後押ししてくれる。本当に素晴らしいことだよ。僕たちは彼らのサポートに感謝しなければいけない」

 レアル・マドリードは次節、11月1日にアウェイでグラナダと対戦する。

(記事/超ワールドサッカー)

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA