2014.10.12

カタルーニャ州の独立問題に言及するピケ「協議をしたいだけ」

ピケ
ブラジルW杯に出場した際のピケ [写真]=Getty Images

 12日にアウェーでルクセンブルク代表とユーロ2016予選を戦うスペイン代表のDFジェラール・ピケが前日会見に応じた。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 ピケは独立の機運が高まっているカタルーニャ州出身で、独立の是非を問う自治州の首相を支持し、住民投票実施を求めるデモに参加。スペイン代表の一員としてプレーしたくないのではないか、という見方をするサポーターもおり、今回の代表活動において最も注目を集める選手となっていた。

 スペイン代表に招集されることについてピケは次のように語っている。

「代表に来ることはいつも最高に楽しいものだ。僕は大好きだし、とても強い義務感を持ってプレーしている。僕はここを自分の家ように感じるし、招集されれば、いつも代表には喜んでやって来るよ」

 また、ピケは批判、批評について以下のように述べた。

「このことについて、とても明確なアイデアを持っており、僕の仕事において批評は避けられないと思っている。また人々の意見については、僕は尊重するが、最終的に最も大事なのはピッチで活躍することであり、自分の仕事をすることだ」

 自身の気持ち、感情について問われるとこう返答している。

「僕は(独立についての)協議をすることに賛成であって、独立についてではない。人々は民主主義を表現している。(スペインに)何も感じていなければ、僕は代表でプレーしていないだろう。僕は(チェルシーへの移籍金が)3300万ユーロ(約44億円)と言ってしまったことについて、セスクと和解をしたいと思っているし、このメンバーにはワールドカップとユーロを勝ち取った一部の選手たちがいる」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
25pt
マンチェスター・U
20pt
トッテナム
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
バイエルン
20pt
ライプツィヒ
19pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
25pt
バレンシア
21pt
レアル・マドリード
20pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
25pt
インテル
23pt
ユヴェントス
22pt
欧州順位をもっと見る