2014.09.23

エルチェ指揮官「レアル相手にドローを考えないのは大間抜け」

エスクリバ
エルチェのエスクリバ監督 [写真]=Getty Images

 エルチェのフラン・エスクリバ監督は現地22日、レアル・マドリードとアウェーで対戦するリーガ・エスパニョーラ第5節の一戦に向けた前日会見で、試合に向けた抱負を述べた。



 エスクリバ監督は、レアル・マドリード相手の金星への強い意欲を表しながらも、理想と現実の間に揺れる心境も垣間見せた。

「レアル・マドリードが規格外のチームであることは忘れてはならない。シーズンが終わった時点で彼らが我々に付ける大きな勝ち点差は誰もが分かっている。しかし、1回の対戦ではあらゆる事が起こり得る。フットボールにおいて恐怖という言葉は使いたくない。我々は黒星を考えていないし、もし20試合のうち1試合でも勝利の可能性があるならば、それを目指して戦う。とはいえ、レアル・マドリード相手にドローを考えないのは大間抜けだ」

 一方、昨シーズンの敵地サンティアゴ・ベルナベウでの対戦で手応えを掴んだというエスクリバ監督は、チーム一体となった戦い方ができるか否かが勝ち点獲得の鍵としてあげた。

「昨シーズンのベルナベウでの対戦では、最終的に0-3で敗れたものの、良い試合ができた。岩のように守る形になったが、試合をコントロールできた。とはいえ、チームが90分間通じて守り続けるとは思っていない。なぜなら、そのような戦い方では無失点で試合を乗り切るのは難しいからだ。いずれにしても、私はチームの全メンバーを信頼している。もし我々が何かを成し遂げたければ、それは個人ではなく組織としてもたらされるものだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
86pt
リヴァプール
85pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
66pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
61pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る