FOLLOW US

ビルバオ主将、バルサ戦を前に「良いプレーをすれば苦しめられる」

A・ビルバオの主将のDFカルロス・グルペギ(中央)[写真]=Getty Images

 代表ウィークによる中断を経て再開するリーガ・エスパニョーラ。週末に行われる第3節で話題の中心となるのはレアル・マドリードとアトレティコ・マドリードによる“マドリード・ダービー”だが、それに負けずとも劣らない好カードがバルセロナとアスレティック・ビルバオによる古豪対決だろう。

 この注目の一戦を前に、アスレティック・ビルバオの主将のスペイン人DFカルロス・グルペギが、敵地カンプ・ノウに乗り込んでの試合に向けた心境を表した。

「バルセロナとカンプ・ノウで戦えるというのは、誰もが胸を躍らせることだ。だが、この一戦も他の試合と同じく3ポイントであることに変わりはない」

 グルペギは一方、昨シーズンは6年振りに主要タイトル無冠に終わったバルセロナの逆襲にかける意志とレベルの高さを警戒しながらも、敵地での勝ち点獲得に自信を見せた。

「昨シーズンは厳しい思いをさせられた彼らは、全てを勝ち取っていた頃の栄光を取り戻すつもりでいる。ボールを支配し、虎視眈々とゴールを狙っている彼らは本当に危険なチームだ。しかし、僕らが良いプレーをすれば、間違いなく彼らを苦しめることができるはずだ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO