2014.09.11

バルサ残留のシャビ、恩師の誘い断る…バイエルンやマンUもオファー

シャビ
バルセロナ残留を決めたシャビ [写真]=Getty Images

 今シーズン開幕前にバルセロナ退団が有力視されながらも、最終的には同クラブに残留することを決めた元スペイン代表MFシャビ・エルナンデス。MLS(メジャーリーグ・サッカー)のクラブへ移籍するのか、はたまたカタールか。シャビ・エルナンデスの去就問題は地元メディアを大いに賑わせ、世界中から注目を集めた。そんな今夏、実はジョゼップ・グアルディオラ監督もシャビ・エルナンデスに声をかけていたようだ。スペイン紙『ムンド・デポルティーボ』が伝えている。

 バイエルンを指揮するグアルディオラ監督は、昨シーズンに獲得したスペイン代表MFチアゴ・アルカンタラに続き、今夏の移籍市場でもバルセロナから選手を獲得しようとしていた。それがシャビ・エルナンデスだった。レアル・マドリードから獲得した元スペイン代表MFシャビ・アロンソに関心を示す前、グアルディオラはシャビ・エルナンデスに個人的に電話をかけ、バイエルンへと誘った。しかし、シャビ・エルナンデスははっきりと断った。同選手は、チャンピオンズリーグでバルセロナのライバルとなるクラブには移籍したくないと伝えたようだ。

 グアルディオラの前には、バルセロナでシャビ・エルナンデスを指導したルイス・ファン・ハール監督もアプローチし、マンチェスター・Uに誘っていた。また現役時代にバルセロナでプレーし、現在はカタールのレフウィヤSCで監督を務めているミカエル・ラウドルップ氏も、年俸1200万ユーロ(約16億円)を提示してシャビ・エルナンデスを口説こうとした。だが、両者とも同選手を説得することはできなかった。

 シャビ・エルナンデスは今シーズン、バルセロナの主役ではなくなっているが、多くのオファーを断り、残留を決めていたようだ。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
6pt
アーセナル
6pt
マンチェスター・C
4pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
6pt
ライプツィヒ
3pt
フライブルク
3pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
6pt
レアル・マドリード
3pt
マジョルカ
3pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング