2014.09.10

ビジャレアル、ドス・サントスが左太ももの肉離れで3~4週間の離脱

ドス・サントス
チリ戦に出場したメキシコ代表FWドス・サントス(左)[写真]=LatinContent/Getty Images

 国際Aマッチデーが訪れる度に、クラブの所属選手の代表招集時における故障発生や疲労蓄積が懸念されるフットボール界。リーガ・エスパニョーラでは今回、この俗称“FIFAウィルス”にビジャレアルが襲われた。

 ビジャレアルは現地9日、メキシコ代表FWジオバニ・ドス・サントスが左足太ももの故障により戦列を離れることを発表した。6日に行われたチリ代表との国際親善試合で同箇所を負傷したドス・サントスは、ビジャレアルに戻って行われた精密検査で左足ハムストリングの肉離れが確認されたとのことで、復帰には3~4週間かかると見られている。

 チームは現在、ナイジェリア人FWイケチュク・ウチェも故障から回復しておらず、レギュラー2人を失った前線は、まだリーガ・エスパニョーラではスタメン出場のないアルゼンチン人FWルシアーノ・ビエットと出場機会がないスペイン人FWヘラルド・モレノの2選手だけとなった。

 ビジャレアルはまた、スロベニア代表DFボヤン・ヨキッチも、3カ月程度戦列を離れることになった。開幕の時点から右ひざに問題を抱えていたヨキッチは、最終的に手術が必要となったため、長期の離脱を強いられることになった。これによりビジャレアルは、トップチームの左サイドバックがスペイン人DFハウメ・コスタだけとなってしまった。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
9pt
アーセナル
6pt
レスター
5pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
6pt
フライブルク
6pt
レヴァークーゼン
6pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
6pt
レアル・マドリード
4pt
バジャドリード
4pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
3pt
ユヴェントス
3pt
ミラン
0pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング