FOLLOW US

カシージャスと不仲…X・アロンソに続いてアルベロアも移籍か

カシージャスとの不仲、レアル退団が報じられたアルベロア [写真]=Real Madrid via Getty Images

 28日、レアル・マドリードからバイエルンへの移籍が決まった元スペイン代表MFシャビ・アロンソが記者会見を行い、マドリディスタに別れを告げた。違う国での新たな挑戦を望む同選手は、将来の監督転身を見据え、ジョゼップ・グアルディオラ監督から吸収できる機会と考えた。バイエルンでは背番号「3」のユニフォームを身につけることとなる。

 以上の通り、シャビ・アロンソは、自ら望んでレアル・マドリードを退団した。しかし、スペインメディア『エル・エコノミスタ』は、同選手の退団について、「レアル・マドリードのロッカールームから、(イケル)カシージャスの“敵”がいなくなった」と、伝えている。

 シャビ・アロンソは、レアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ前監督が、最も厚い信頼を置いていた選手の1人だ。カシージャスとシャビ・アロンソの間に直接的なわだかまりはなく、表面化されていない。だが、シャビ・アロンソはモウリーニョ前監督を支持する選手の1人であり、一方のカシージャスは、モウリーニョ前監督から不動のスタメンの座を外されたこともあって、同監督を支持したシャビ・アロンソらを良くは思っていなかったようだ。

 当時、モウリーニョ前監督が信頼していたのは、シャビ・アロンソの他には元スペイン代表GKディエゴ・ロペスと元スペイン代表DFアルバロ・アルベロアの2選手。ディエゴ・ロペスは、カシージャスとスタメンを争う直接のライバルで、モウリーニョに重宝されていた。カルロ・アンチェロッティ監督が率いた昨シーズンも、リーガ・エスパニョーラで正守護神として安定したパフォーマンスを披露したが、彼は今夏にコスタリカ代表GKケイラー・ナバスに押し出される形で、ミランへの移籍が決まった。

 一方、アルベロアはカシージャスとの“戦争”が表面化している。スーペル・コパの試合前、ベンチスタートのアルベロアは先発出場の選手たちと健闘を祈り、次々に抱擁を交わしていたが、カシージャスの前は素通りだった。問題の場面はカメラに映っている。昨シーズンも、途中交代でアルベロアがベンチに戻った時、他の選手とはハイタッチをしていたが、カシージャスとはしなかった。

 この不仲は、モウリーニョ前監督の就任時から始まったようだ。アルベロアが同監督を無条件に支持したことが起因となっている。以降、様々なことが積み重なり、今のような挨拶もしない間柄となってしまった。スペイン代表のビセンテ・デル・ボスケ監督は、ユーロ2012や2013年のコンフェデレーションズカップで、2人の関係の修復を試みた。しかし叶わず、ブラジル・ワールドカップの同代表メンバーからアルベロアは外れた。落選の動機は彼の低調なパフォーマンスだけでなく、カシージャスの不仲も一因だったようだ。アルベロアにはアーセナルへの移籍の可能性があり、今夏のレアル・マドリード6人目の退団選手になるのではないかと言われている。

 ディエゴ・ロペスとシャビ・アロンソは退団した。モウリーニョ前監督を支持した選手の中で、レアル・マドリードに残っているのはアルベロアだけだが、同選手も移籍間近と言われている。カシージャスは残留が確実で、今夏でロッカールームから“敵”はいなくなりそうだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA