2014.05.19

今季のリーガ終了…アトレティコ18季ぶりV、オサスナなどが降格

クルトワ
優勝決定から一夜明け、マドリード市内でセレモニーを行ったアトレティコ・マドリード [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第38節が18日に行われ、今シーズンの全日程を終了した。

 アトレティコ・マドリードが18シーズンぶり10度目の優勝を達成。最終節、敵地でのバルセロナ戦で敗れれば逆転優勝をさらわれるという中、先制点を許す苦しい展開も、後半立ち上がりのディエゴ・ゴディンの得点で追いつき、引き分けて優勝を決めた。

 2位バルセロナは連覇ならず。3位レアル・マドリード、4位アスレティック・ビルバオまでがチャンピオンズリーグ出場権を獲得した。また、ヨーロッパリーグ出場権は5位セビージャ、6位ビジャレアル、7位レアル・ソシエダが手にしている。

 下位に目を移すと、最下位ベティスの降格はすでに決まっていたため、残り2枠がどこになるかに注目が集まったが、18位オサスナが1999-2000シーズン以来、19位バジャドリードが2011-12シーズン以来の2部降格となった。

■2013-14シーズン、リーガ・エスパニョーラ最終順位表(勝ち点で並んだ場合、当該チームの対戦成績で順位決定)

1位 アトレティコ・マドリード(勝ち点90)<CL>
2位 バルセロナ(勝ち点87)<CL>
3位 レアル・マドリード(勝ち点87)<CL>
4位 アスレティック・ビルバオ(勝ち点70)<CL>
5位 セビージャ(勝ち点63)<EL>
6位 ビジャレアル(勝ち点59)<EL>
7位 レアル・ソシエダ(勝ち点59)<EL>
8位 バレンシア(勝ち点49)
9位 セルタ(勝ち点49)
10位 レバンテ(勝ち点48)
11位 マラガ(勝ち点45)
12位 ラージョ・バジェカーノ(勝ち点43)
13位 ヘタフェ(勝ち点42)
14位 エスパニョール(勝ち点42)
15位 グラナダ(勝ち点41)
16位 エルチェ(勝ち点40)
17位 アルメリア(勝ち点40)
18位 オサスナ(勝ち点39)<2部降格>
19位 バジャドリード(勝ち点36)<2部降格>
20位 ベティス(勝ち点25)<2部降格>

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る