2014.05.07

残留に必死のバジャドリード「キックオフから死力を尽くす」

残留争いをしているバジャドリード [写真]=FC Barcelona via Getty Images

 リーガ・エスパニョーラは現地7日、延期されていた第34節のバジャドリード対レアル・マドリード戦が行われる。

 優勝争いを繰り広げているレアル・マドリードとは対照的に、残留争いに巻き込まれているバジャドリードだが、目標達成に向けた極めて重要な一戦に臨むという点では変わらない。現在、18位オサスナと同勝ち点の19位に沈んでいるものの、16位アルメリアおよび17位ヘタフェとは1ポイント差、15位グラナダとも3ポイント差と接近しているバジャドリード。リーガは勝ち点で並んだ場合には当該対決で順位が決定されるため、今回の試合に勝てばグラナダを抜いて15位に浮上、引き分けでもヘタフェを抜いて17位に浮上と、いずれにおいても降格圏内を脱出する。

 この状況を十分に理解するフアン・イグナシオ・マルティネス監督は、格上レアル・マドリード相手に必死に勝ち点を取りに行くとの強い姿勢を示した。

「レアル・マドリード戦に関しても残留に関しても、どのような結果に終わるかは我々次第だ。キックオフからタイムアップまでの、全てのボールを『これが人生を賭けたプレーだ』と思って死力を尽くして争わなければならない」

 バジャドリードは一方、ホームで王者バルセロナを迎えた第27節の一戦では1-0で勝利を収めており、今回の一戦では大金星の再現に期待が懸かる。この点についてMFアルバロ・ルビオは、「バルセロナ戦とは何の関係もない」としながらも、勝ち点奪取に向けて気合を入れた。

「あの時と今では状況が異なる。優勝争いも残留争いも大詰めを迎えているからね。レアル・マドリードは勝利を必要としているが、バジャドリードはそれ以上に勝利を必要としている。彼らを退けるのは大変だけれども、僕らには高いモチベーションとサポーターの熱い応援があるので、幸運に恵まれることを期待している。1ポイントでも3ポイントでも、とにかく勝ち点を取ることが重要だ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る