2014.05.07

残り3試合…バジャドリード戦に臨むレアル指揮官「決勝戦だ」

アンチェロッティ
アンチェロッティ監督(中央)がバジャドリード戦を前にコメント [写真]=Getty Images

 7日に行われるリーガ・エスパニョーラ第34節延期分で、バジャドリードとレアル・マドリードが対戦する。

 1試合未消化の状態で勝ち点83、首位アトレティコ・マドリードと勝ち点差5の3位につけているレアル・マドリード。敵地での一戦を前に、カルロ・アンチェロッティ監督が展望を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 アンチェロッティ監督は、「決勝戦だ。両チームにとって決定的な試合となる。それが、我々の持たなければならない姿勢である。我々が優勝するための唯一の選択肢は、残り3試合(全て)に勝つこと。それが我々の目標だ」と、コメント。「アトレティコは、(残り2試合で勝ち点)4ポイントを取れば優勝できるというアドバンテージを持っている。我々の目標は3試合に勝つことであり、その後、何が起こるかを見なければならない」と、話した。

 選手にも言及し、「クリスティアーノ(ロナウド)の調子は良い。少し疲れていたから、練習は一部しかやらなかった。でも、明日の準備はできているし、プレーするだろう。違和感のある(ダニエル)カルバハル、試合でダメージを受けた(ギャレス)ベイルはプレーしないだろう。他の選手たちは全員出場できる。昨日は練習をしなかった(ルカ)モドリッチも含まれる。彼は今日、よく練習できていたし、プレーできる」と、話した。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
43pt
レスター
35pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
28pt
ライプツィヒ
27pt
シャルケ
25pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
31pt
レアル・マドリード
31pt
セビージャ
30pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
30pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング