2014.05.05

アトレティコのシメオネ監督、敗戦するも「リーグが面白くなる」

シメオネ
2011年12月からアトレティコの監督を務めるシメオネ監督 [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第36節が4日に行われ、アトレティコ・マドリードはレバンテと対戦し0-2で敗れた。優勝に向けて痛い敗戦となったが、アトレティコを率いるディエゴ・シメオネ監督は、結果について前向き語っている。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 同監督は、「リーグが少しだけ面白くなるだろう。今日の負けは、私たちに起こり得た事の中でベストの事だ。残りの3週間、私たちのサッカーを続けることができる。まだ優勝争いは私たちの手の中にある。残りの試合に全てを出し切らなければならない」とコメントしている。

 首位のアトレティコ・マドリードは連勝が9でストップ。勝ち点は88で、リーグ戦はマラガ、バルセロナとの2試合を残している。今節共に引き分けている、2位のバルセロナは勝ち点85、消化試合の1試合少ない3位のレアル・マドリードは同83となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る