2014.05.02

CL決勝進出のレアル、EL準決勝敗退のバレンシアと名門対決

バレンシアとの名門対決に臨むレアル・マドリード [写真]=Bongarts/Getty Images

 ここ2試合連続で4ー0で圧勝と、驚異的な強さを披露しているレアル・マドリード。3冠に向けて邁進するチームは、快進撃を続けていたシーズン中盤の攻守のバランスを取り戻し、隙らしい隙は見当たらない。

 ドローでも決勝進出が決まる状況だったバイエルンとのチャンピオンズリーグ準決勝セカンドレグでは、ディフェンスからのカウンターを重視するため4ー4ー2のシステムが採用されたが、主導権を握って3ポイントをもぎ取りたい今回は、通常通りの4ー3ー3に戻すことが予想されている。また、延期された第34節のバジャドリード戦が中2日で控えているため、数人の主力選手が温存される可能性もある。

 一方、ヨーロッパリーグ制覇による来シーズンの同大会の出場権獲得という目論見が崩れたバレンシア。8位が定位置となっているチームは、7位ビジャレアルまで7ポイント差と、リーガ・エスパニョーラの順位でのEL出場権獲得も極めて厳しい状況にある。この試合に向けては、現時点でのベストメンバーは組めるものの、何よりもモチベーションの低下が懸念される。

 かつてはリーガ・エスパニョーラ有数の好カードだった名門同士の一戦だが、現状では両者の間には心技体の全てにおいて大きな隔たりがあるうえ、ホームで15勝2敗のレアル・マドリードが、アウェーで3勝6分8敗のバレンシアに対して圧倒的に優位な状況に立っている。従って、バレンシアがどこまでレアル・マドリードの攻勢に耐えられるかが、試合の見所になるだろう。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
100pt
マンチェスター・U
81pt
トッテナム
77pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
84pt
シャルケ
63pt
ホッフェンハイム
55pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
93pt
アトレティコ・マドリード
79pt
レアル・マドリード
76pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
95pt
ナポリ
91pt
ローマ
77pt
欧州順位をもっと見る