2014.04.28

降格決定のベティス、主将ナチョ「1年で戻る強い意志を持って戦う」

ベティス
レアル・ソシエダ戦に敗れ、肩を落とすベティスの選手たち [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ有数の名物チームであるベティスが、再び1部リーグから姿を消すことになってしまった。

 26日に行われた第35節、前節18位のヘタフェがホームのマラガ戦に勝利したため、ベティスは残り3節で残留圏内の17位まで浮上する可能性が消滅し、試合を行う前に2部降格が確定した。

 さらに、悲報を受けて臨んだレアル・ソシエダ戦にもホームで0-1と惜敗したベティス。主将のスペイン人DFナチョは、2008-09シーズン以来となる2部降格を深く嘆いた。

「チームは打ちひしがれている。今日は選手やファン、全ての“ベティシスモ”(ベティス主義)にとって悲しい日になってしまった。僕達は状況が悪いことは分かっていながらも、それを乗り越えられると思っていた。だが、そのようにはなってくれなかった」

 ナチョは一方、第13節から1度も最下位を抜け出せぬまま、3試合を残して早々と2部降格が決定したことについて、「これは選手の責任だ」と自責の念を示した。

「今シーズンは、思っていたように物事がいかず、結果もついてこないという状況が、最初から最後まで続いてしまった。こうなってしまった原因は選手にある。僕らは最も重い責任を負わなければならないのが自分達であることを自覚している」

 前回の2部降格の際は、1部復帰に2シーズンを費やしたベティス。「これほど苦しい時期も応援を送り続けてくれたサポーターには感謝の言葉しか見つからない」と述べたナチョは、来シーズンの巻き返しを固く誓った。

「こんなに酷い成績で降格が決定してしまったので、サポーターが怒っていたとしても当然だろう。来シーズンは彼らの期待に応えられるよう、全員が1年で1部に戻るという強い意志を持ち、一枚岩となって戦わなければならない」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
13pt
マンチェスター・U
13pt
チェルシー
10pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ドルトムント
10pt
アウクスブルク
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
15pt
セビージャ
10pt
バレンシア
9pt
欧州順位をもっと見る
インテル
13pt
ナポリ
12pt
ユヴェントス
12pt
欧州順位をもっと見る